しばたテックブログ

PowerShellを中心に気分で書いている技術ブログです。

All Windows Serverな環境でOracle Real Application Clusters(RAC)を構築してみる - 4.GIインストール編(補足)


本シリーズの概要と一覧はこちらからどうぞ。


stknohg.hatenablog.jp

上の記事で紹介したGrid Infrastructureのインストール方法に関して、レスポンスファイルを使ってサイレントインストールするのを試してみたのでその方法を紹介しようと思います。

レスポンスファイルを使用してGrid Infrastructureをインストールする

事前準備

OUIを使ったインストールではインストールウィザードの途中でASMTool(asmtoolg.exe)を使ってASMディスクのスタンプ付けを行いましたが、レスポンスファイルを使ったインストールではそれができません。

このため、事前にASMToolを使いディスクのスタンプ付けをしておく必要があります。

今回はサイレントインストールですのでCUIasmtool.exeを使った方法を採ることにします。
asmtool.exeはGrid Infrastructureのインストール前は[インストール媒体]\asmtoolフォルダに存在し、今回の検証環境だとD:\Temp\grid\asmtool\になります。
このASMToolを使って以下の様にスタンプ付けしていきます。

まずはasmtool.exe -listでディスクの状態を確認。

PS C:\Users\oracle> D:\Temp\grid\asmtool\asmtool.exe -list
NTFS                             \Device\Harddisk0\Partition1              350M
NTFS                             \Device\Harddisk0\Partition2            20480M
NTFS                             \Device\Harddisk0\Partition3            20480M
                                 \Device\Harddisk1\Partition1            10237M
                                 \Device\Harddisk2\Partition1            30717M

OCR用のDisk1(\Device\Harddisk1\Partition1)に対してORCLDISKOCR0とスタンプ付けします。

PS C:\Users\oracle> D:\Temp\grid\asmtool\asmtool.exe -add \Device\Harddisk1\Partition1 ORCLDISKOCR0

ディスクの状態を再度確認。

PS C:\Users\oracle> D:\Temp\grid\asmtool\asmtool.exe -list
NTFS                             \Device\Harddisk0\Partition1              350M
NTFS                             \Device\Harddisk0\Partition2            20480M
NTFS                             \Device\Harddisk0\Partition3            20480M
ORCLDISKOCR0                     \Device\Harddisk1\Partition1            10237M
                                 \Device\Harddisk2\Partition1            30717M

サイレントインストール手順

レスポンスファイルを用意して(ファイルの内容は長いので次項で説明します)、OUIを以下の引数で実行するとサイレントインストールすることができます。

PS D:\Temp\grid> .\setup.exe -silent -showProgress -nowait -responseFile D:\Temp\grid\grid.rsp 

各引数について説明すると、

  • -silentおよび-responseFileでレスポンスファイルを指定してサイレントインストールすることができます。

    • レスポンスファイルのファイル指定は相対パスが指定できないので注意してください。
  • -nowaitをつけないとサイレントインストール後にプロンプトが終了しないので注意してください。

  • -showProgressでサイレントインストールの進捗状況を表示することができます。この引数はオプションです。

といった感じになります。

インストール結果はC:\Users\[インストールユーザー]\AppData\Local\Temp\[連番]\OraInstall[時刻]およびC:\Program Files\Oracle\Inventory\logsフォルダにログファイルができるのでそこで確認することができます。

サイレントインストールが完了した後はcrsctl stat res -tクラスタの状態を確認すると以下の様になり通常のインストールと同様の結果が得られることがわかります。

PS C:\Users\oracle> crsctl stat res -t
--------------------------------------------------------------------------------
Name           Target  State        Server                   State details       
--------------------------------------------------------------------------------
Local Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.LISTENER.lsnr
               ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
               ONLINE  ONLINE       oraserver02              STABLE
ora.OCR.dg
               ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
               ONLINE  ONLINE       oraserver02              STABLE
ora.asm
               ONLINE  ONLINE       oraserver01              Started,STABLE
               ONLINE  ONLINE       oraserver02              Started,STABLE
ora.net1.network
               ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
               ONLINE  ONLINE       oraserver02              STABLE
ora.ons
               ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
               ONLINE  ONLINE       oraserver02              STABLE
--------------------------------------------------------------------------------
Cluster Resources
--------------------------------------------------------------------------------
ora.LISTENER_SCAN1.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver02              STABLE
ora.LISTENER_SCAN2.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
ora.LISTENER_SCAN3.lsnr
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
ora.MGMTLSNR
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              192.168.35.31,STABLE
ora.cvu
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
ora.mgmtdb
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              Open,STABLE
ora.oc4j
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
ora.oraserver01.vip
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
ora.oraserver02.vip
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver02              STABLE
ora.scan1.vip
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver02              STABLE
ora.scan2.vip
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
ora.scan3.vip
      1        ONLINE  ONLINE       oraserver01              STABLE
--------------------------------------------------------------------------------

レスポンスファイル例

レスポンスファイル例を一番最後に記載しました。
これはAll Windows Serverな環境でOracle Real Application Clusters(RAC)を構築してみる - 4.GIインストール編 - 素敵なおひげですねの手順でレスポンス・ファイルの保存を行ったものをベースとしています。

自動生成されたベースに対して以下の点をカスタマイズしています。

  • 自動生成されたレスポンスファイルにはパスワードは保存されないので以下のパスワードを設定しています。

    • Oracleホーム・ユーザーのパスワード : oracle.install.OracleHomeUserPassword=P@ssw0rd
    • SYSASMユーザーのパスワード : oracle.install.asm.SYSASMPassword=Passw0rd
    • ASMSNMPユーザーのパスワード : oracle.install.asm.monitorPassword=Passw0rd
  • GUIのインストールでは未使用のNIC名称に日本語が含まれていても問題ないのですが、サイレントインストールの場合はエラーとなってしまいます。
    必要に応じてoracle.install.crs.config.networkInterfaceListの内容を修正してください。

  • その他の部分を変更する場合はレスポンスファイルの説明を読むかマニュアルを読むなどして気合でなんとかします。
    GUIから自動生成されればさほど困難なことはないかとは思います。