しばたテックブログ

PowerShellを中心に気分で書いている技術ブログです。

Windows 7にPowerShell 6.0をインストールする - 再び

blog.shibata.tech

の続きです。

前回はPowerShell 6.0アルファ版で試しましたが、今回はGAリリース直前のRC2で試しています。

基本的な手順は前回と変わらないのですが、前提条件が若干変わったため、その点を補足するかたちで本エントリを書きます。

前提条件

Windows 7にPowerShell 6.0をインストールするための前提条件は以下となります。

  1. SP1が適用されていること
  2. Universal C Runtimeがインストールされていること
  3. KB2533623が適用されていること
  4. WMF 4.0 ~ 5.1がインストールされていること

SP1の適用について

前回はSP1の適用について明記されていませんでしたが、現在は公式のインストール手順

To install PowerShell on Windows Full SKU (works on Windows 7 SP1 and later), download either the MSI from AppVeyor for a nightly build, or a released package from our GitHub releases page. The MSI file looks like this - PowerShell-6.0.0..<os-arch>.msi

と Windows 7 SP1以降であることが明記されています。

この点に関しては、前回の時点でSP1未適用のWindows 7はすでにサポート切れであったため単純に記載していなかっただけの様です。

Universal C Runtimeのインストールについて

前回はVisual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージのインストールが要求されていましたが、これがUniversal C Runtimeに変更されています。

現在はインストーラーでUniversal C Runtimeが必要かを判断し、必要とされる場合は下図の様に警告が表示されてインストールが中断されます。

f:id:stknohg:20171227174300p:plain

リンク先からZipファイルをダウンロードし、該当する.msuファイルを適用してください。

  • Windows 7 SP1(32Bit版) : Windows6.1-KB3118401-x86.msu
  • Windows 7 SP1(64Bit版) : Windows6.1-KB3118401-x64.msu

なお、Universal C RuntimeのインストールにはSP1が適用されている必要があります。

KB2533623の適用について

.NET Coreの利用に必要な事前条件としてKB2533623の適用が必要です。

こちらは前回から変わっていません。

WMF 4.0 ~ 5.1のインストールについて

前回とは異なりWMF 4.0 ~ 5.1の事前インストールが必要となりました。
こちらのPull Requestにその理由が記載されており、

github.com

On Win7, WMF 4.0 or higher version needs to be installed so that the WinRM can support the side-by-side remoting plugin. So I make the WMF 4.0 a prerequisite too.

とPowerShell Remotingを有効にするために必要になったそうです。

こちらもインストーラーでPowerShell Remoting Plugin(pwrshplugin.dll)のインストールを判断し、WMF 4.0以降がインストールされていないと判断された場合は警告が表示されてインストールが中断されます。

f:id:stknohg:20171227174340p:plain

特に制限が無いのであればWMF 5.1をインストールすれば良いでしょう。
手順は以下のエントリを参考にしてください。

blog.shibata.tech


ちなみに、あまりお勧めできない裏技として、PowerShell 6.0をZipファイルからインストールすればWMF 4.0 ~ 5.1がインストールされていない環境でも動作させることは可能です。
ただし、PowerShell Remotingは使えませんし、予期せぬエラーが起きても自己責任でお願いします。

f:id:stknohg:20171227174419p:plain

(右がZipファイルをダウンロードして動かしたpwsh.exeです。)

WMF 4.0以降をインストールできない事情のある環境で役に立つこともある...やもしれません。

インストール手順

事前条件をクリアしていれば、インストールはMSIインストーラーの指示に従うだけでOKです。

前項で触れた様にZipファイルからインストールしても構いません。

細かい説明はしませんがMSIインストーラーのスクリーンショットだけ貼っておきます。


f:id:stknohg:20171227174447p:plain


f:id:stknohg:20171227174504p:plain


f:id:stknohg:20171227174520p:plain


f:id:stknohg:20171227174532p:plain


f:id:stknohg:20171227174546p:plain


f:id:stknohg:20171227174559p:plain


これで無事PowerShell 6.0を起動することができます。

f:id:stknohg:20171227174622p:plain