しばたテックブログ

PowerShellを中心に気分で書いている技術ブログです。

次期Nano Server(Version 1709)のPowerShellについて

元ネタはこちら。

docs.microsoft.com

blogs.technet.microsoft.com

次期Windows ServerおよびSemi-annual Channelについては山市さんがサクッとまとめてくれています。

yamanxworld.blogspot.jp

次期Nano Serverはコンテナ専用になる話

今年の9月リリース予定の次期Nano Server(Version 1709)は元ネタ

However, starting with the new feature release of Windows Server, version 1709, Nano Server will be available only as a container base OS image.

とある様にコンテナ専用となり、Docker Hubからのみイメージの取得および更新ができる様になるそうです。

また、サーバーの用途を.NET Coreアプリケーションをホストすることに最適化し、コンテナのサイズもこれまでよりさらに減らすそうです。*1

次期Nano ServerのPowerShellについて

で、ここからが本題で、

  • Windows PowerShell, .NET Core, and WMI are no longer included by default, but you can run them in a separate container.

とのことで、次期Nano ServerではデフォルトでWMIやPowerShellが含まれないそうです。
by defaultとあるので追加でインストールすることはできるだろうと予想されますが、まだ確定的な情報はありません。

個人的な予想として、明確な根拠があるわけではないのですが、「今開発中のPowerShell 6.0を追加でインストールしてね。」という流れにしたいのかなと思っています。

デフォルトでWMIやPowerShellがインストールされないことに関しては、Nano Severがコンテナ専用になる以上妥当だと思います。

と言ってもPowerShellがいらない子だと言うわけではなく、コンテナの運用は基本的に作り直し・使い捨てのDisposableなモデルになるかと思います。このモデルおいては重厚な管理フレームワークであるWMIやPowerShellは不要なケースの方が多いでしょう。
単純にコンテナ内部にPowerShellが必須ではないというだけです。

ただ、PowerShellが無いことでコンテナイメージの作成はどうすべきなのかという疑問はあります。
まさかコマンドプロンプトですべてを賄うというわけにはいかないでしょうし、Nano Server専用のツールセットといったものが今後出たりするんでしょうかね?

このあたりは今後の情報を期待して追いかけていきたい感じです。

*1:サイズに関してはWindows Updateでモリモリ増えていくザマを見てどこがNanoなのかと思うことしきりだったのでうれしいですね…