しばたテックブログ

PowerShellを中心に気分で書いている技術ブログです。

Windows Management Framework (WMF) 5.1のプレビュー版がリリースされました

【2017/01/22追記】

つい先日WMF 5.1の正式版がリリースされました。
詳細はこちらのエントリをご覧ください。

stknohg.hatenablog.jp

【追記ここまで】


公式ブログより。

blogs.msdn.microsoft.com

ブログの日付が7/16日ですが、本日のリリースです。

WMF 5.1のリリースノートおよび新機能

WMF 5.1 リリース ノート | Microsoft Docs

でリリースノートおよび新機能やバグフィックスの内容を見ることができます。

インストール要件

インストール要件についてはこちらを参照してください。

WMF 5.1 のインストールと構成 | Microsoft Docs

まだプレビュー版なので更新パッケージのリンク先は正しくありません。*1
なので、こちらから直接ダウンロードする必要があります。

雑にまとめると、

  • Windows 7 SP1/Windows Server 2008 R2以降のOS
  • 要 WMF 4.0
  • 要 .NET Framework 4.6以降

といったところでしょうか。

なお、プレビュー版なので英語版のみとなります。
OSに英語の言語パックがインストールされている必要があります。

フィードバック

バグ報告などのフィードバックはUser Voiceまで。

試してみた

早速Windows Server 2012 R2で試してみました。

基本設定

Windows Server 2012 R2は標準でWMF 4.0がインストール済みですので、.NET Framework 4.6(.n)を追加でインストールします。

.NET Framework 4.6(.n)はWindows Updateをすればそのうちインストールされますので頑張ってください。

.NET Framework のインストール

から個別にインストールをしても構いません。

言語パックの追加

コントロールパネルの言語の追加から英語を追加するだけでOKです。
一応スクショを撮ったので記載しておきます。


f:id:stknohg:20160728180813p:plain


言語の追加をクリック。

f:id:stknohg:20160728180831p:plain


とりあえず英語(米国)としましたが他の国の英語でも大丈夫な気がします。

f:id:stknohg:20160728180847p:plain


言語の追加後に、オプションを開いて言語パックをインストールします。

f:id:stknohg:20160728180954p:plain


言語パックをダウンロードしてインストールしますをクリックするとインストールが開始されます。

f:id:stknohg:20160728181022p:plain


インストールには結構時間がかかります。

f:id:stknohg:20160728181034p:plain


インストールされればOKです。
再起動などは必要ありません。

f:id:stknohg:20160728181046p:plain

更新パッケージの適用

こちらはMSUを実行するだけです。
EULAの表記がWMF 5.0のままでしたがちゃんとWMF 5.1がインストールされますので安心してください。
インストール後は再起動が必要です。

ちなみに、サイレントインストールする場合は、

 [当該OSのパッケージ].msu /quiet

でOKです。

試してみる

再起動後に$PSVersionTableを確認するとこんな感じです。
ちゃんとPowerShell 5.1になっていることが確認できます。

f:id:stknohg:20160728181444p:plain

最後に

とりあえずこんな感じです。
WMF5.1の新機能については近いうちにブログを書いていきたいですね。

*1:WMF5.0を指しています。